インプラント

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、アバットメントを接続するプラットフォーム(スポーツなどでは、動きの形や姿勢などをこう呼びます)の形によって、2つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯になる可能性はゼロですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。
長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスを忘れることはできません。ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。自然に治ることはありませんので、早急に診察してもらわなければなりません。せっかく完了したインプラント治療も終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

デンタルケアを欠かさないことが重要です。日頃から丁寧に歯みがきをおこない、完璧なプラークコントロール(特に精神を制御するのが難しいといわれていますね)が必要で、定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。

どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので異常がなくても維持費は必要になります。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導をうけます。

メンテナンスをうけるごとに支払う料金は保険適用の治療が基本となり約三千円とみればよいでしょう。

従って、年間1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院して手術することはまれです。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院して手術しなければならないケースもあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

このような難しい治療を行う時には、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていって下さい。